便秘に効くお茶

出ずらい便と発酵食品を続けた結果

便秘に悩んでいる人は本当に多く、あまりに長年続いているためそれが普通の状態になり、諦めの境地に立っていたり…。便意をもよおすことなどほとんどなく、薬を飲んで出すのが当たり前、なんて話もよく耳にします。

 

便秘に効くお茶って本当?キャンドルプッシュは安全?

 

出にくい便はところてん方式のようなもの

 

便を排出するにはある程度たっぷりの食事を摂ることが基本なんですよね。ところてん方式です。上から詰め込まれれば嫌でも下から出てしまう…。このイメージを忘れないようにしたいものです。

 

 

固ければ、そりゃあ出にくい

 

便秘解消法としてよく聞くのが、水をたくさん飲みなさい、ということ。水分をしっかり摂って便を柔らかくすればスムーズに出そうだとは理解していても、トイレが近くなるのを恐れて実行できていない人は多いと思います。たくさん飲むことは無理でも、起きぬけによく冷えた水(炭酸水ならなおベター)をコップ1杯飲むだけでも腸が動くのを感じられるものです。

 

 

発酵食品摂取も続けて

 

便秘に悩む人なら誰でも意識しているであろう、発酵食品。ヨーグルトも納豆も毎日食べているけど特に効果なし!と投げ出してしまっていませんか?ヨーグルトに関して、少し工夫をしてみてください。なんと、大根おろしとハチミツを混ぜれば善玉菌のパワーが強力になるそうです!…決して美味しくはありませんが、薬のつもりで試してみてはいかがでしょうか?

 

体操とツボ

 

運動をすることも便秘解消には大事な要素ですが、忙しい日々の中に時間をとれないことも多いでしょう。そこでちょっとした合間にできる体操をご紹介します。脚を肩幅に開いて腰を回すだけ。歯磨きをしながらでもできてしまいます。

 

そして、即効性があると言われているツボ押し。仰向けに寝て、へそから指3本分下あたりに鈍い痛みを感じる箇所があります。しばらく押していると便意のようなものを感じてくると思います。適度な力を入れて下腹部を円を描くようになでるのも腸に刺激が伝わり、馬鹿にできない効果があるものです。

 

便秘に効くお茶って本当?キャンドルプッシュは安全?

 

便秘薬は耐性がついてしまう

 

便秘薬は腸に強い刺激を与えて便を出すというものです。いかにも身体に悪そうだとは思いながらも確実に出てくれるからとなかなか手離せない人は少なくないでしょう。

 

しかし、長く続けているとやがて耐性がついてしまい、規定の量では効かなくなるなんてことも…。上記の方法を毎日欠かさず実行し、それでもダメな場合、最後の最後の手段として頼るものと認識しておきましょう。